本文へスキップ
ホーム > ボランティア募集中 > 災害時外国人サポーター

ボランティア募集中

災害時外国人サポーター


市内在住外国人を支援するボランティアを募集します。


2011年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの外国人が正確な状況や情報がわからないことで、日本人以上に不安を感じていました。
 災害はいつ、どこで起こるかわかりませんが、災害が発生したときに、国際交流協会が「災害時多言語支援センター」として運営できるよう、市内在住外国人を支援するボランティアを募集します。

<登録資格>
語学レベル
ビジネスレベル
(やさしい日本語の登録も受付中)
パソコンが自由自在に使用できる方

<活動内容>
1 巡回チーム (通訳ボランティア・一般ボランティア)
 災害情報を翻訳し、避難所に提出し、必要があれば、各避難所で個別に説明を行う。  また、避難所等においては、何か変わったことがないか、避難者個人との会話を通して情報を収集し、巡回から持ち帰った情報をセンターのスタッフに正確に伝える。

2 ITチーム (ITボランティア)
 センター内のIT環境を整備し、災害対策本部から出される情報や現地での情報を文書 化し、外国語への翻訳依頼をする。 デジタルカメラで現地の状況などを撮影し、情報として整理する。