本文へスキップ
ホーム > 金華市からの便り

金華市からの便り H30.8.20


金華市の公園に植樹した桜の木は、こんなに大きくなりました



 1996年(平成8年)10月、栃木市小学生訪問団(団長:大木洋三 学校教育課長(当時))11名が栃木市の小学生の代表として、初めて金華市を訪問した際、 市内の有志の皆さんから贈られた桜の苗木を、金華市の婺江(むこう)の川岸にある公園に、ホームステイをさせていただいたホストファミリーとともに植樹しました。

 また、2008年(平成20年)3月に、再び栃木市小学生訪問団(団長:佐々木和子教育委員長(当時))11名が金華市を訪問した際も、金華市内の小学生の代表とともに、 同じ公園に桜の記念植樹をしましたが、その公園は、現在、「国際友誼公園」として整備され、大きく育った桜の木は、毎年3月になると、見事な花を咲かせ、金華市民の憩いの場になっているそうです。