本文へスキップ
ホーム > 栃木市国際交流協会のロゴマークが決定しました!

栃木市国際交流協会ロゴマークの入賞者が決定しました!


 平成24年6月27日に新「栃木市国際交流協会」が設立されたことに伴い、11月1日~30日の期間でロゴマークを募集し、全国の幅広い年齢層の皆様から、たくさんのご応募がありました。 ありがとうございました。
 12月19日にロゴマーク選定委員会が開催され、最優秀賞および優秀賞が選定されました。その後1月30日の栃木市国際交流協会運営委員会において、運営委員の承認が得られ、正式決定されました。

応募総数377点
最優秀賞1点
優秀賞2点
決定作品は以下のとおりです

ロゴマーク選定結果
最優秀賞
(1点)
東京都 自営業
立志哲洋さん
(62歳)
デザイン趣旨
地球(国際)を包むような栃木市の「と」で国際交流をあらわし、そこから育つハートの木(栃木)で友好や交流の広がりやこの活動に携わる人たちの思いをイメージしました。
優秀賞
(2点)
国学院栃木中学校
2年
坂田亜美さん
(14歳)
デザイン趣旨
国際交流ということなので、地球を描きました。互いに手を取り合うような交流が深まるように願ったロゴマークです。
兵庫県 デザイナー
小柴雅樹さん
(48歳)
デザイン趣旨
「TIC」をモチーフに、地球と地球を囲むラインを描き国際化と交流を、そして市民と世界の人々が交流する形をあらわす「人間」のイメージを組み合わせ、デザインしました。